指圧などタイプが様々マッサージ店

マッサージは、血液やリンパの流れを改善する事を目的とした手技療法の一種で、様々な種類が考案されています。お店ごとに内容は異なっており、目的に合わせての選択が可能です。東洋医学に基づいた理念で行われている指圧もマッサージの一種として分類されているので、かなり多様な内容となっています。 肩こりの改善を目的としている場合は、疲労物質である乳酸を取り除く事を目的としたマッサージが有効です。体外へ疲労物質が排出されるので、血液循環が良化します。施術を受けた後に頭痛等の不調に見舞われるケースがありますが、好転反応と呼ばれる良化途上の一時的な現象であり、心配する必要はありません。 一方で、エステティックサロン等の美容施設で行われているマッサージは、リンパの流れを促進する事を目的としています。リンパは、老廃物を回収して体外へ排出するという役割を担っており、血液の様に体中を流れています。しかし、血液とは異なりポンプの役割を果たす部分は無いので、流れが滞りがちです。リンパの流れが滞ると不要な老廃物が蓄積されてしまい、体重の増加へとつながってしまいます。 皮下脂肪と老廃物が癒着するとセルライトという塊が出来ます。皮膚がでこぼこの状態となるので、美容的に大きなマイナスの影響を及ぼします。エステティックサロンで行われるマッサージは、老廃物の排出効果とセルライトの予防効果の両方を期待する事が出来ます。 マッサージの一種として分類されている指圧は、気の出入り口であるツボを刺激するという内容です。体にたまっている悪い気を体外へ放出すると共に、新しい気を取り入れる事が出来ます。体全体の気の流れが改善する事により、正常な状態に回復させる能力である自然治癒力が引き出されます。 体全体の状態が良化するので、様々な不調に対して有効であり、美容と健康の両方に効果を期待できます。副作用の心配がない安全な施術であり、傷跡が残るような事はありません。

マッサージ体験記!?